幼稚園にかかるお金

来年幼稚園に入園する息子がいます。今日、優先的に入れる願書の受付と、入園説明会がありました。

 

保育園は基本的に入園料はかかりませんが、幼稚園の入園金は高いのです。保育園は両親が働いていたり、いろいろ条件や書類を集めたりと大変です。幼稚園は入園金と願書があれば受け付け順で入れます。

 

簡単に入園できるので、親としては便利なのですが、これからお金がかかることを考えると頭が痛くなります。今日は6万円払いました。入園金5万円、面接代2千円、年間の教材費8千円です。これは最初の分です。息子の入れる幼稚園は制服がありません。制服のある幼稚園では、夏服や冬服、体操服、帽子、カバンなどで7万円というところもあります。息子の幼稚園は、体操ズボンは兄弟のお下がりを使うため、赤白帽子だけ買おうと思っています。通園かばんは好きなリュックを用意します。お弁当は手作りのものを持参するため、お昼代はかかりません。

 

 

毎月の保育料は、安いところで22千円です。地域によって違いますが、毎月かかります。そのためだけに引越しするという方もいるらしいです。

 

バスに乗る場合は別にバス代、給食があるところは給食代、延長保育を頼む場合は追加でかかります。

 

幼稚園は、体型が大きく変わります。3年保育の場合は、途中で買い替えないといけません。運よくお下がりがもらえたらいいのですが、上の子だと難しいかもしれません。

 

子どものために、お金はたくさん必要です。親は子供のためにしっかりと働かなくてはなりません。頑張ります。

お金と上手に付き合うこと。

お金は、生活をして行くには必要なものです。

 

しかし、お金は、使い方や扱い方で人も自分までも傷つけることになりやすいのです。現在の日本社会では、お金としての概念を理解して、活用しておりますか?少し疑問です。特に、子供の頃に正しい基本的な行動をしたかで、その後、お金の付き合い方を決めてしまいます。先ず、お金の重要性と貯め方や使い方を親から指導されたり。その行為に興味あるか?粗末に扱うか?

 

又、仕組みをその時期に、知るのも大きな動機ずけになります。具体的は、1か月のおこずかいを頂き、使い、残りを次月へ繰り越し、その中で、使う内容と価格面も考えて、行動することで異なります。その後、自分で仕事を初めてからは、色々な支払いや預金と返済等で、お金の扱いを知ることになります。更に、将来的な点でも考え、保険、投資等と金融ものを知りながら対応して、行くようになります。

 

可なり、大きな金額の支払いやローン返済を味合うことになります。返済できなくなり、家を売却することになってしまうようなことは避けたいです。
そこでのお金は、個人の考えや使い方が、大きな存在感をだします。或るいわ、個々の人生を狂わせることになり、人を殺めることにもなりかねない。

 

それだけ判断を狂わせるものです。資本主義の社会は、お金のある方向へ流れる。お金の無い所には、逃げていくのです。従いまして、真面目にお金を扱い、無駄なく扱い、育て行く(増やす)から始めることなのです。しかし、生活しているから必要な使い方とバランス取れて、扱いをすべきてある。